御茶ノ雫

三種の神器はポメラ、iPhone、万年筆。

パイロットのペンクリニック 

2013/03/05
Tue. 07:00

3月2日にパイロット開催のペンクリニックに行ってきたので、そのことについて書きたい。

万年筆を「この子」と呼ぶ


万年筆を使い始めて2年にも満たないのに、ペンクリニックを受診するのはもうこれで2回目になる。1回目は昨年の5月27日に開催されたセーラーのペンクリニック。もうすぐで1年が経とうとしているというのに、まだ記憶に新しい。運よく勇退前の長原(父)先生と話をすることができた。調整は長原(子)先生にしていただいた。あのころはまだスーベレーンを所有しておらず、調整を依頼したのはラミーサファリである。「よろしくお願いします」と言って席に着いた俺に、長原(子)先生が言った言葉が未だに忘れられない。

「はい、この子はどうしましたか?」

……この子、と言ったのだ。万年筆に擬人法を持ち出すほど、愛着を持って接しておられるということが、この一言ではっきりとわかった。まるでペットやわが子に対する接し方である。物に擬人法を使うのはあまり好きではないのに、長原先生の擬人法だけは、特に違和感もなくスッと胸に入ってきた。ペンクリニックとはそういう特殊な雰囲気・空気を持つものなのかもしれない。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2013-03