御茶ノ雫

三種の神器はポメラ、iPhone、万年筆。

何本までが万年筆初心者なのか? 

2013/10/29
Tue. 12:00


今月、国内最大手のパイロットから初心者用万年筆「kakuno(カクノ)」が発売され、話題になった。ツイッターでフォローする万年筆ファンや文具ブロガーらがこの万年筆を異口同音に高く評価していたので、気にならないはずはなかった。早速いつもの文具センターで試し書きを行ったところ、驚くほど書きやすく、入門モデルの代表格であるサファリと同等かそれ以上であると感じた。軸が軽量な上に、重心のバランスがよい。

カクノ
パイロット公式ページ
http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/kakuno/

カクノの見た目はラミーの「ABC」やペリカンの「ペリカーノジュニア」などと明らかに類似しており、おそらくパイロットも開発時からこの2つを念頭に置いていただろう。原色のキャップに丸みを帯びた胴体(軸)という組み合わせは、ポップでシンプルな印象を受ける。パイロットはすでに「コクーン」や「プレラ」といった初級モデルを販売(そして成功)していたが、新しく発売されたカクノはまた違うジャンルの商品である。考えてみれば、プレラやコクーンはどちらも価格が3000円を超える。そのため、1000円台の価格帯では海外ブランドに顧客を奪われていたのではないだろうか。しかし廉価版ほどメーカーの腕を試すものはないと思う。安易に出せるものではない。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2013-10