御茶ノ雫

三種の神器はポメラ、iPhone、万年筆。

筆ペン好きがこだわるぺんてる筆の魅力 

2013/08/27
Tue. 00:52

この記事は新しいブログ(こちら)に移しました。
Related Entries

[edit]

CM: 5
TB: 0

page top

Comments

>がりぃさん

こんにちは!
ご指摘いただいた「御懐中筆」……
名前だけは聞いたことがありましたが、
なるほど、これは筆ペンのモデルですね!
ウォーターマンが毛細管現象を利用した万年筆を発明するかなり前に、
こんなものが生まれていたとは知りませんでした。
実に興味深いお話、ありがとうございます。

御懐中筆は軸内の綿に墨を染み込ませていたようですが、
今でもマーカーやサインペンの類でこの仕組みが使われていますね。
発明からもうすぐ200年が経とうとしているのに、
仕組みが変わらないのはよどほすごいことだなあと思います。

御茶咲 #ce.a/pY. | URL | 2013/08/30 08:23 * edit *

こんばんは。
私も小学生の頃に、「薄墨」と「朱墨」を除く
ぺんてる製の筆ペンをひと通り買い揃えて使っていたことがあります。
しかし、生来の悪筆である私が筆ペンで満足のいく字を書くことは出来ず……
ちなみに、私は「太字」と「和紙用」が好きでした。

当時のジョンソン大統領が24ダース注文したという「サインペン」や
使いやすく書き味の良い「トラディオ プラマン」など、
ぺんてるの技術力には目を見張るものがあります。

ヘンリー #- | URL | 2013/09/02 00:03 * edit *

>ヘンリーさん

すごいですね、小学生の頃にぺんてる筆を買い揃えていたなんて。
そのころ俺はDr.Gripを友達にもらって浮かれていました。

地味ながらヒット商品の多いぺんてる。
NASAの公式ペンとして採用されたことがあると知ったときは感心しました。
プラマンの書き味は俺も好きです。

御茶咲 #ce.a/pY. | URL | 2013/09/04 15:32 * edit *

子供の頃は、よくペンや鉛筆を集めており、筆ペンもその一つでした。
もし今、私の手許にぺんてる筆一式があったら、あなたに差し上げたいくらいです。
ドクターグリップ、いいですね。ここ数年は当方でも大活躍でした。

ぺんてるにはこれからも頑張って欲しいですね。
確か同社には、ランスロットという万年筆もあったような気がします。

ヘンリー #- | URL | 2013/09/12 06:23 * edit *

>ヘンリーさん

ランスロット、初めて聞きました。
ネットで調べてみたら、アーサー王伝説の登場人物がモチーフですか。
中二病っぽいけど、
1万円以下の万年筆にしては高級感のありそうな軸です。
赤と灰がきれいだなあ……。

御茶咲 #ce.a/pY. | URL | 2013/09/20 06:15 * edit *

page top

Post a comment

Secret

page top

Trackbacks

TrackbacksURL
→http://ochsk.blog.fc2.com/tb.php/24-f7ed3ca2
Use trackback on this entry.

page top

2017-06