御茶ノ雫

三種の神器はポメラ、iPhone、万年筆。

この記事は新しいブログ(こちら)に移しました。

[edit]

CM: 4
TB: 1

page top

この記事は新しいブログ(こちら)に移しました。

[edit]

CM: 3
TB: 0

page top

ガラスペンの魅力 

2013/06/27
Thu. 10:00

「書けるガラス細工」ガラスペン




万年筆に似た道具で、ガラスペンというものがある。いわゆるつけペンの一種で、1902(明治35)年に佐々木定次郎という日本人によって考案された。その名の通り、ガラスでできている。いわば「書けるガラス細工」で、繊細で透明感があり、きらきらしている。総じて軸は細く、手に取るとひんやりしていて軽い。眺めていれば、差し込む光の強さによって軸の色が変わるのもきれいだ。特に「ひねりガラスペン」は人気が高い。「ひねりガラスペン」は軸に螺旋状のひねりが加えられている。くるくる回すと、それが固体であることを忘れてしまうほど、柔らかく、動きのあるものに見える。また、机に置いたときに聞こえる「キン」というガラス特有の音がとても涼しい。夏にはもってこいのペンといえよう。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

ツイッターやブログなどで見るかぎり、トラベラーズノートのカスタムで一番多いのはビーズを使った装飾である。カバーを閉じる際のゴム紐にいくつかのビーズを通すと、民族的な雰囲気が出て見映えがよくなるのだ。

fc2blog_201304150255027f3.jpg

いつかは自分もこれをやってみたいと思っていた。ところが、いくらレシピをググっても出てこない。根気よく調べるうちにトラベラーズノートの販売元であるミドリ社がビーズセットを公式販売しているという情報を掴んだが、よく調べるとそれは5周年記念に出したもの(*1)で、現在は取り扱っていないらしい。つまり、5周年記念のときに運よくビーズセットを手に入れた人はいいが、そうでない人は自分でビーズを用意して、さらに方法も自分で考えてやってくださいということだ。

そこまで突き放されると逆にやる気が出てくる。それでいろいろブログを検索して、カスタムのノウハウを盗むことに成功した。以下にそれを書いておくので、「ビーズでカスタマイズしてみたいけどやり方がわからない」という人は参考にされたい。

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

5分で読める「古典インクのすすめ」 

2013/03/27
Wed. 18:30

この記事は新しいブログ(こちら)に移しました。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2017-10